ビルドマッスルHMB

初めて購入した筋肉サプリはビルドマッスルHMB

初回のみ+定期半年継続条件付で3袋9800円で超お買得でしたが、

今のおすすめはHMBマッスルプレス

 

理由は、HMB含有量が45000mgと断然多い

対してビルドマッスルは1500㎎なので3倍も差がある

Amazonでビルドマッスルは2袋5900円

マッスルプレスは1袋4980円ですが成分3倍入り

 

筋肉サプリは食品なので成分がたっぷり詰まっている方が養分が豊富ってこと。

HMBマッスルプレスオシな理由です。

公式ページ ⇒ HMBマッスルプレス

筋トレサプリの王道はプロテインですが

大量のプロテイン粉末をシェイクして

水で流し込むのはとてもキツイ

 

ビルドマッスルやマッスルプレスは錠剤タイプ

4~6錠を水で飲むだけなのでらくちん

 

マッスルプレスは6錠で小さくて飲みやすい

ポイントです

 

水さえあればいつでも手軽に摂取できる

利便性が超高い

 

あと筋肉になる主成分がなにであるかを知るってしまうと

筋トレサプリの選択肢は

もやはプロテイン粉末じゃなくHMBを選ばない理由はないですね

HMB 成分

王道のプロテイン粉末は摂取後の代謝の仕組みからすれば

実に無駄が多かったようです

 

プロテインが代謝される仕組み

いわゆる体の中で分解されるは過程は

 

プロテイン⇒  ペプチドアミノ酸HMB 

の順に分解されていくそうです。

 

そう最後の代謝物が「HMB」←筋肉が必要としている栄養素

 

筋トレで破壊された部分の筋肉組織に

栄養補給という形で修復する成分が必要なので

 

最初からHMBを摂取・吸収する方が

プロテインを摂取するよりも断然効率いいってこと

ビルドマッスルhmb 図解

プロテインの分解(代謝)を図解すると、

人体の栄養素としてよく知られているアミノ酸まで分解されました。アミノ酸にロイシンが含まれており、さらにロイシンが分解(代謝)されると、いよいよHMBになるわけです。プロテインを摂取するということは、結果的にHMBを吸収するためと言えるわけですね。

プロテインを摂取すれば貴重なHMBを筋肉に補給できるのですが、ここで問題になるのが「量」

これをプロテインに換算すると、

!!!

ザバス(SAVAS)など一般的なプロテインのパッケージに書かれている2~3杯(約14~21g)とありますが、筋肉トレーニングのレベルや体重、通常の食事量(タンパク含有量)によって摂取量は人それぞれですが、必要量が多くなればなるほど300~500ml程度の牛乳や水で溶かして飲むのは大変です。コップ一杯の水で4粒飲むだけで済むビルドマッスルは革新的です。

※1 当時ビルドマッスルHMB1500mgでしたが、話題のマッスルプレスHMB45000mg(3倍)今ならマッスルプレスですね⇒HMBマッスルプレス公式ページ

ビルドマッスルHMB 飲むタイミング

プロテインよりHMBを直接摂取した方が効率がいいし、錠剤を数個飲むだけの手軽さがいいので、ビルドマッスルHMBを選択した私は正解でした。

私の場合は筋トレはおまけみたいなものになってしまってますのでw 飲むタイミングはいつでもいいのですが「夜に体が作られる」と思えば夕食後に取るのがいいかなと思っています。筋肉が寝ている間に太るイメージw 

張りぼて筋肉なので毎日のむ必要があるのでコスパは重要(こちらの記事もご参考までに)

サイトの管理者:筋トレスキー 

男らしい体を手に入れるため日々小さな筋トレ努力を重ねてきましたが現状維持が関の山 orz...

今回は筋トレサプリの助けをかりて確実にバッキバキのボディーへ大躍進させます!目指せ!細マッチョ

業界最大級のHMB配合量のHMB極ボディ

初回500円

でも次回6480円が悩ましい。そこでみつけたのがコレ

HMBマッスルプレス

↑ずっと4950円がうれしい↑

© 2020 ビルドマッスル HMB rss